群馬のデザイン会社が発信する、情報満載のブログ

SMILE BLOG

コロナ禍の求人、何が求められている?求職者に聞いてみた。


コロナ禍の中で、パートや社員さんの環境も

目まぐるしく変化しているようです。

 

自宅待機が増えたり、先行きの不安などで

働く意欲が低下してきています。

転職する一つの要素になっているようです。

 

時給はあまり気にしない

 

パート求職者アンケート

時給はあまり気にしていない・・・44.4%

 

20代は、時給を気にする方が多い(47%)

しかし、30代以降は、時給より別のことを注視しているようです。

 

以前は、時給、休憩時間、待遇などを

重要視していました。

 

今、働く人が重要視することとは?

 

コロナ禍の現在、求職者が気にしているのは

 

・人との接点がどれくらいあるのか?・・・36%

 

・職場のコロナ対策について

どのような取り組みをしているか?・・・30%

 

・在宅勤務が可能か?・・・21%

 

という統計が出ています。

 

・人との接点がどれくらいあるのか?・・・36%

 

ひらたく言えば業務内容ですが、

営業でも、どんな方法で、どのようにお客様と接し

どんな活動をしているか、細かく説明する必要性があるようです。

 

・職場のコロナ対策について

どのような取り組みをしているか?・・・30%

 

現在の社内の対策をできるだけ細かく書く方が、

安心材料になります。

たいした事してないから・・・と考えず、

社内でおこなっている対策を、明記しましょう。

お客様に対して対策を打ち出している企業は多いですが、

求人欄に対策を明記している企業は少ないです!

 

・在宅勤務が可能か?・・・21%

在宅が難しい場合でも、通勤手段(自家用車、バイク、自転車通勤が可能か)や駐車場の有無など、記載することで働くイメージが湧きやすくなります。

 

求職側の立場で考えてみる

 

企業側は、お客様や社員さんの最小限のリスクで

仕事を継続してもらえるように、

多くの取り組みをしています。

 

求職者の方は、

どれくらいの人が、どんな環境で、

どんなふうに仕事をしているか、

詳しく知りたい

 

と考えています。

 

職場の環境や取り組みを

できるだけわかりやすく伝え

これから応募する方の

心理的ハードルを下げることが必要です。

 

働きたいと思っても、

同居しているご家族がいます。

それが小さいお子様だったら、

介護が必要だったら・・・

 

その方に向けて情報発信してみてください。

是非、求人募集欄でご活用ください。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

人は負けない。