応募倍増のカギ!採用につながるインタビュー記事の作り方

採用

なぜインタビュー記事が必要なの?

近年の採用サイトや社内コンテンツでは、インタビュー記事を盛り込むことが主流になりつつあります。
この記事では、このようなインタビュー記事がなぜ重要視されているのか、そして、そのようなインタビュー記事が採用につながるのかについて詳しく解説していきます。

会社の魅力を知ってもらえる

インタビュー記事では、単純な情報だけの求人広告や募集概要ページでは伝えることの出来ない、会社の魅力や雰囲気をアピールすることが出来ます。また、インタビュー記事の最大の特徴は、現場の第一線で活躍する人のリアルな声から社風が垣間見えることです。ありのままの姿が分かるインタビュー記事の存在は、求職者の心理的なハードルを下げてくれます。

社員のモチベーションアップにつながる

インタビュー記事の作成は求職者にとってのメリットだけでなく、既存社員にとっても複数メリットが。会社の魅力を考えて伝えるという工程を社内で協力して行うため、社員自身も自社の魅力を再認識する機会になります。また、選ばれた人は社員の代表という役を任される為、その人自身のモチベーションアップが期待できます。その他のメリットは、インタビューの機会を通して普段では言いづらかったことでもフランクに伝えやすい点です。インタビューがきっかけで社員間での認識のズレの発見して今後の業務に活かしていく、ということも起き得るのです。

求職者が本当に知りたい情報とは?

従業員目線から見たリアルな社風

あなたが求職者だとしたら、どのような情報を知りたいですか?
多くの人が商品の購入時にレビューを確認するように、現場のリアルな声を知りたいのではないでしょうか。業務内容や待遇等の基本情報はもちろんのこと必要ですが、それだけで決定することはあまり現実的ではないですよね。求職者からは社内の雰囲気、人間関係、そして実際の体験談などの生きた情報が支持される傾向にあります。

入社のきっかけ

入社した理由、魅力を感じた点、就活をする上で譲れなかった価値観などを紹介することで、求職者はその会社で働いている人物像をより想像しやすくなります。また、それだけでなく志望理由を考えるヒントを得ることができるというメリットが期待できます。

仕事のやりがい

実務においてやりがいを感じる瞬間や、その人が仕事において何に価値を見出しているのかということを熱量をもってアピールします。中でも、「お客様からのありがとうを言ってもらえた時に~」といった具合で、仕事仲間やお客様との関係性を盛り込んだ内容は、効果が抜群!求職者は個人にフォーカスするだけでなく、その会社や仕事へ関心を持ちやすくなり、結果として記憶にも残りやすくなります。

今後のキャリアプランなど

今後どのようにその会社で活躍していきたいかというビジョンを語ることで、社員一人一人の個性が光る質問になります。また、求職者自身もそれに重ね合わせて、その会社でどのようにキャリアを築いていきたいかを想像する良い機会になります。

休日の過ごし方

近年注目される「ワークライフバランス」が保てる会社であるか否かの判断材料になります。休日の過ごし方は表向きの情報では得られないことが多く、その社員の個性や会社属性が色濃く反映されます。社員がプライベートも共に充実させていることを伝えることで、求職者の不安を和らげることができるでしょう。また、どのような人が多い会社か?という傾向を把握しやすくなります。実際に仕事仲間になった場合、趣向が違いすぎて仕事以外で会話が広がらない、、、という悲劇は避けたいところです。

社員インタビューを行う方法

インタビュー形式を決める

実際に社員インタビューを行う方法は大きく分けて「対談形式」と「アンケート形式」の2つ

対談形式

会話型であり、実際の会話に最も近い形式です。
メリットは、現場の雰囲気をそのまま伝えることができることです。また、文面でも話し言葉をそのまま使うこともあり、読者にとっては受け取りやすく、印象にも残りやすくなります。
一方のデメリットは、実際の会話に近いがゆえに軽い印象になりやすいことです。これを防ぐ為には、対談内容を文章する際に、ある程度のフランクさと真面目さの両方を兼ね備えたものにする必要があります。その他のデメリットには、現場の雰囲気づくりの難しさが挙げられます。より良いインタビューにするためには、受ける側の緊張をほぐす工程は欠かせません。これらのことから、対談形式のインタビューでは、ライターとインタビュアーの両方の力量が試されます。

アンケート形式

記述型であり、事前に定められた質問項目に対して紙や電子端末などの媒体を用いて回答してもらう形式です。
メリットは、第三者の視点から内容を伝えるため、客観性の保たれた文章になることです。ライターの一人称を中心に内容を展開していくため、「だれが何について述べているのかが分からない」という混乱を避けることできます。反対のデメリットは、文章の論理性が強いがゆえに、全体的に硬い印象になってしまいがちなことです。そのため、アンケート形式でもまた、ライターの力量が試されると言えるでしょう。

インタビューをする人物を選ぶ

インタビューをする人物を選定する際には、その会社が求める人物像に近い社員を選定する必要があります。というのも、求職者に「どのような人物が活躍しているのか」、「どのような人物に活躍して欲しいか」を具体性を伴って伝えることができるためです。これは、入社後のミスマッチを防ぐことにもつながります。
例えば、新卒・中途採用などでターゲットが明確である場合は、その条件にマッチした人選をすることが賢明です。
一方で、特に明確なターゲットが定まっていない場合には人選の偏りは避けましょう。人選の偏りがある場合、その特徴を持ち合わせた人材しか採用されないイメージをもたれるため、年齢、性別、部署などにとらわれず幅広い人物にインタビューすることを意識します。

インタビュアーの選定

インタビュアーはコンテンツの質を左右するため、自社社員が行う場合には、慎重に人選をする必要があります。
一般的に、インタビューを受ける社員と信頼関係のある人が担当することが好ましいです、しかし、距離感が近すぎるのも難しいところ。本音を引き出せない、フランクすぎる対談になってしまうという事態になりかねません。以上のことを踏まえ、予算がある場合にはプロのライターに依頼してしまうこともおすすめです。

効果的なインタビューのコツ

事前構想をしておく

インタビューの目的は「求職者が知りたい情報を入れる」「会社の長所を引き出す」ことの2点。これらを実現するためには事前構想をしっかりと練っておく必要があります。ただし、意識しすぎるとやや嘘くさくなってしまったり、会社の良いところばかり並んだ内容になったりするため、ある程度のさじ加減を意識して行うと自然な流れになります。

具体的なエピソードを入れる

実際のインタビューでは、曖昧な表現は極力さけ、より具体的なエピソードトークを展開するよう心がけます。曖昧な表現をしてしまうと、「何か隠しているのかな?」と求職者の不安をあおる要素となります。求職者は、決め手となるような、その会社にしかないオリジナリティを求めています。独自性の高い内容にすることで説得力アップを狙います。

企業にもメリットが

冒頭でも触れた通り、インタビューを行うことは求職者だけでなく企業側にとってのメリットが!
(1)会社の魅力を伝えるだけでなく(2)採用側が求めている人材像を間接的に伝えることができます。これは結果として(3)入社後のミスマッチを減らすことにもつながっていきます。
さらに、入社後のミスマッチが起きずに長く働いてくれる人材が活躍することで(4)長期的な採用コストを抑えることが期待できます。

『採用求迅』なら社員インタビューもついてくる!

普段働き慣れている会社、親しみある社員の間で行う社員インタビューのため、気軽に行えるイメージがあるかもしれません。しかし、実際にはインタビュー作業はもちろんのこと、事前準備やその後のテキスト化など、やらなくてはならないことが想像以上にたくさん…。
また、自社の魅力を最大限ひきだし、かつ求職者が求めている情報を盛り込んだインタビューとするには、やはりプロのライターの力が必要になります。

弊社が提供する採用ホームぺージ制作パック「採用求迅」には、インタビューコンテンツの作成も標準装備!面倒な事前準備も実際のインタビューもライティングも、、全て丸投げOKです!

社員インタビュー・採用ホームページの制作なら、わたしたちにお任せください。
求職者に伝える効果的なサイトをWEBのプロが制作いたします。

「採用求迅」の詳細はこちらから!

SMILE MISSION Inc.

SMILE MISSION Inc.

Web制作、グラフィック制作をはじめとする群馬県前橋市のデザイン会社、「株式会社スマイルミッション」の公式ブログページです。 Web制作やグラフィック制作に関するコンテンツをお届けします。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

SMILE MISSION Inc.

SMILE MISSION Inc.

Web制作、グラフィック制作をはじめとする群馬県前橋市のデザイン会社、「株式会社スマイルミッション」の公式ブログページです。 Web制作やグラフィック制作に関するコンテンツをお届けします。

最近の記事

  1. 中途採用向けの採用サイトを作るうえで大切なこと

  2. 特別感も演出!やっぱり強い「採用パンフレット」

  3. SDGsでも言及されている「ウェルビーイング」の重要性とは?

TOP